JR東海道本線(東京~熱海)
川崎駅
横浜駅
戸塚駅
大船駅
藤沢駅
辻堂駅
茅ケ崎駅
平塚駅
二宮駅
鴨宮駅
小田原駅
JR南武線
矢向駅
武蔵小杉駅
武蔵中原駅
久地駅
宿河原駅
登戸駅
中野島駅
稲田堤駅
八丁畷駅
浜川崎駅
JR鶴見線
鶴見小野駅
弁天橋駅
浅野駅
安善駅
JR横浜線
東神奈川駅
大口駅
菊名駅
新横浜駅
中山駅
長津田駅
成瀬駅
町田駅
古淵駅
淵野辺駅
矢部駅
相模原駅
橋本駅
JR根岸線
関内駅
石川町駅
山手駅
根岸駅
磯子駅
新杉田駅
JR横須賀線
新川崎駅
保土ケ谷駅
東戸塚駅
東逗子駅
JR相模線
香川駅
宮山駅
入谷駅
南橋本駅
JR中央本線(東京~塩尻)
相模湖駅
JR京浜東北線
鶴見駅
新子安駅
東神奈川駅
JR湘南新宿ライン
保土ケ谷駅
東戸塚駅
JR御殿場線
下曽我駅
京王相模原線
京王稲田堤駅
若葉台駅
小田急小田原線
向ヶ丘遊園駅
読売ランド前駅
百合ヶ丘駅
新百合ヶ丘駅
鶴川駅
玉川学園前駅
町田駅
相模大野駅
小田急相模原駅
相武台前駅
座間駅
本厚木駅
伊勢原駅
秦野駅
渋沢駅
栢山駅
富水駅
螢田駅
小田原駅
小田急江ノ島線
東林間駅
南林間駅
鶴間駅
大和駅
桜ヶ丘駅
高座渋谷駅
湘南台駅
善行駅
藤沢本町駅
本鵠沼駅
小田急多摩線
栗平駅
東急東横線
新丸子駅
武蔵小杉駅
元住吉駅
日吉駅
綱島駅
菊名駅
妙蓮寺駅
白楽駅
東白楽駅
東急目黒線
多摩川駅
東急田園都市線
溝の口駅
宮崎台駅
宮前平駅
鷺沼駅
藤が丘駅
青葉台駅
長津田駅
中央林間駅
東急こどもの国線
恩田駅
京急本線
京急川崎駅
八丁畷駅
鶴見市場駅
京急鶴見駅
京急新子安駅
子安駅
南太田駅
井土ヶ谷駅
弘明寺駅
上大岡駅
屏風浦駅
京急富岡駅
京急大師線
港町駅
鈴木町駅
川崎大師駅
東門前駅
大師橋駅
小島新田駅
京急逗子線
神武寺駅
相鉄本線
西横浜駅
天王町駅
星川駅
和田町駅
上星川駅
西谷駅
鶴ヶ峰駅
二俣川駅
瀬谷駅
大和駅
相模大塚駅
さがみ野駅
かしわ台駅
相鉄いずみ野線
湘南台駅
伊豆箱根鉄道大雄山線
穴部駅
塚原駅
横浜市高速鉄道1号線・3号線
岸根公園駅
片倉町駅
三ツ沢下町駅
伊勢佐木長者町駅
阪東橋駅
弘明寺駅
上大岡駅
上永谷駅
横浜新都市交通金沢シーサイドライン
海の公園柴口駅
江ノ島電鉄線
石上駅
江ノ島駅
腰越駅
由比ヶ浜駅
和田塚駅
湘南モノレール
大船駅
西鎌倉駅
湘南江の島駅
横浜市高速鉄道4号線
高田駅
日吉本町駅

ワンルームマンション投資とは?リスクや注意点を徹底解説!

不動産投資に興味を持っている方なら「ワンルームマンション投資」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。比較的少ない金額から始められることもあって、サラリーマンの方などの副業としても注目されています。また、ワンルームマンション投資とはどういったものなのか、リスクや注意点も含めて徹底解説します。

ワンルームマンション投資とは?

「ワンルームマンション投資」とは、マンションの1部屋を購入し、賃貸として入居者に貸し出すことで家賃収入を得る不動産投資の方法を指します。投資物件が「1ルーム(居室が1つ)」に限られ、基本的には学生や一人暮らしの社会人など、単身者を対象にしていることがほとんどです。不動産投資の他の物件と比べると低価格で購入することができるので、これから不動産投資を始める方や初心者に向いているとされています。

ワンルームマンション投資のリスク

ワンルームマンション投資を検討するときは、想定されるリスクを事前に理解しておきましょう。

空室リスクがあること

不動産投資は、家賃を支払う入居者がいて初めて収入という形になるので、空室では収入を得られません。マンション一棟投資のように部屋数が多ければ、一室分の収入がなくても他の部屋からの収入で補うことも可能ですが、ワンルームだけの投資では、空室がすぐに収入ゼロに直結してしまため、この投資最大のリスクとなります。ワンルームの特性から単身者の利用が多いため、就職や転勤など生活の変化に伴う入れ替わりが激しく、入居者の居住期間が相対的に短いことも空室リスクを招く要因といえるでしょう。

収支が赤字になること

不動産を所有したら、入居者の有無に関わらず、管理して維持していくことが必要となります。そのためのランニングコストがかかることも考慮しなければなりません。その他にも税金や保険などさまざまな経費、不動産投資ローンを利用していたらその返済分も必要となります。ワンルームはあまり家賃が高くないことが多いので、物件によっては収支が赤字になることも十分考えられます。

資産価値が低下すること

立地条件にもよりますが、建物は一般的に築年数が経つほどに資産価値が下がります。もちろんワンルームマンションに限ったことではありませんが、もともと家賃が低めなため影響が出やすく、大きなリスクとなる可能性があります。

ワンルームマンション投資のメリット

投資はリスクが気になりますが、ワンルームマンション投資ならではのメリットもあります。

少ない投資額で始められる

少ない資金で始められることは、ワンルーム不動産投資の最も魅力的な要素の一つでしょう。不動産投資には、戸建て投資やマンション一棟投資などさまざまな種類がありますが、かなり高額になるため多くの資金が必要になります。不動産投資ローンを利用する方も多いと思いますが、少ない金額であればサラリーマンや若い方でも融資が通りやすいと考えられます。

長期的な家賃収入が期待できる

ワンルームマンションは、駅から近い、利便性が高い、など好立地の物件が多い傾向にあります。学生や一人暮らしの社会人など単身者をターゲットにしていることもあり、購入ではなく賃貸のニーズが高く、長期的な家賃収入が期待できます。新型コロナウイルスの影響もありさまざまな見方がありますが、未婚率や晩婚率の増加、高齢化社会の進行などの要因から、ワンルームマンションの需要は比較的下がりにくいという意見も多く見られます。より人気の高いエリアを選べば空室リスクを低減でき、安定した収入が見込めるでしょう。老後の生活を心配される方が、個人年金の目的で投資することもあります。

ワンルームマンション投資で失敗しないために

ワンルームマンション投資にはリスクもメリットもありますが、少しでも失敗を防ぐ可能性があるポイントをいくつかご紹介します。

中古物件を選ぶ

中古物件が良い理由は、まず新築物件よりも価格が安く、初期費用が抑えられることです。当然物件価格が安くなれば、利回りが高くなるということになります。また、駅前などの立地条件が良いエリアは、すでに多くのマンションが建っているので、中古のほうがより需要の高い物件を選ぶことができるでしょう。近年ではリノベーションの人気もあり、中古マンションの価値も見直されています。

複数の物件を比較する

不動産の投資を行うときは、できるだけ複数の物件を比較しておきましょう。たくさんの情報を比較することで、立地条件の良い場所や人気のエリア、物件の相場などが把握できるようになるでしょう。物件の安さだけで判断すると、空室リスクの恐れもあるため、収支のバランスを踏まえて検討しましょう。

収支シミュレーションを行う

不動産投資は、長期的な運用を行う投資であり、すぐに収益を得られるものではありません。先述のようにランニングコストや資産価値の低下などを考慮しながら、借入があれば完済時期も含め、収支をシミュレーションしてみましょう。

ワンルームマンション投資は比較的少ない予算で始めることができるため、始めやすいことが魅力でもあります。しかし、投資にはリスクがあります。そのリスクについて十分理解し、慎重に検討することが大切です。